ナレッジルーム

Kinoveaを使った動作分析 Vol.2 : 動画読み込みから再生まで

 

動画の読み込み

今回は前回インストールしたKinoveaのソフトを実際に立ち上げ、そして映像を再生してみます。

まずはKinoveaで再生したい動画ファイルを用意します。 今回は MP4形式の動画ファイルを使います。(Kinoveaでは AVI、MPG、MOV、WMV、MP4、FLV、3GP、MKV、VOB、MOD、TODなどの形式の再生が可能です。)任意の場所にフォルダを作成し、その中に、再生可能なファイル形式にした動画ファイルを格納します。

ここでは『動作分析』というフォルダを作成し、その中に「フリースロー1.MP4」と「フリースロー2.MP4」という2つの動画ファイルを入れました。

ではKinoveaのアイコンをダブルクリックしてソフトを立ち上げてください。

 

❶フォルダ:フォルダの一覧が表示されています。ここで再生したい動画ファイルの入ったフォルダを選択します。フォルダを選択すると❷と❸の場所にフォルダの中身が表示されます。

❷ ビデオファイル:❶で選択したフォルダに入っている動画ファイルのファイル名がすべて表示されます。

❸ サムネイル:❶で選択したフォルダに入っている動画ファイルのサムネイルが表示されます。

❷のビデオファイルか❸のサムネイル、どちらからから、動画ファイルをダブルクリックしてください。ここでは「フリースロー1.MP4」という動画をダブルクリックします。

すると下のように、❸のサムネイル表示されていた部分が「フリースロー1.MP4」動画のスタンバイ状態に切り替わり、赤枠の部分に再生のコントローラーや情報が表示されます。

再生

 

では、③のコントローラ部分の真ん中にある再生ボタンを押して、再生してみましょう。

再生すると、①の現在の時間のカウントが始まります。 再生できることを確認したら、④のスピードカーソルで再生速度を調整してみましょう。
再生速度は左のマイナス方向へカーソルを移動させるとスロー再生に、右のプラス方向へ移動させるとスピード再生になります。

問題なく再生できましたでしょうか? 次回は、2つの動画を同時に再生して『映像の比較』をしてみます。楽しみにお待ちください。

 

※Kinoveaの記事

vol.1 : インストール

vol.2 : 動画読み込みから再生まで

vol.3 : 映像の比較

vol.4 : 描画ツールを利用した映像への視覚的情報の付加

vol.5 :トラッキング機能を利用した軌跡の視覚化

vol.6 : 角度の算出

vol.7 : キャリブレーションと計測

vol.8 : 保存

2画面表示 DiTs iPad JEATEC Kinovea LongoMatch NAS SDカード アプリ ウエイトリフティング キノビア キャリブレーション クラウドストレージ ゲーム分析 スタッツ ストレージ スピードスケート スマートデバイス セミナー タグ付け トラッキング トレーニング ビデオカメラ フィードバック モバイルWi-Fiストレージ ロンゴマッチ ワークショップ 保存 保管 分析 分析ソフト 動作分析 動画分析 即時フィードバック 描画 撮影 映像 映像共有 最新機種 残像合成 自動再生 角度 軌跡 軌跡座標 遅延再生

ナレッジルーム

Kinoveaを使った動作分析 Vol.2 : 動画読み込みから再生まで

 

動画の読み込み

今回は前回インストールしたKinoveaのソフトを実際に立ち上げ、そして映像を再生してみます。

まずはKinoveaで再生したい動画ファイルを用意します。 今回は MP4形式の動画ファイルを使います。(Kinoveaでは AVI、MPG、MOV、WMV、MP4、FLV、3GP、MKV、VOB、MOD、TODなどの形式の再生が可能です。)任意の場所にフォルダを作成し、その中に、再生可能なファイル形式にした動画ファイルを格納します。

ここでは『動作分析』というフォルダを作成し、その中に「フリースロー1.MP4」と「フリースロー2.MP4」という2つの動画ファイルを入れました。

ではKinoveaのアイコンをダブルクリックしてソフトを立ち上げてください。

 

❶フォルダ:フォルダの一覧が表示されています。ここで再生したい動画ファイルの入ったフォルダを選択します。フォルダを選択すると❷と❸の場所にフォルダの中身が表示されます。

❷ ビデオファイル:❶で選択したフォルダに入っている動画ファイルのファイル名がすべて表示されます。

❸ サムネイル:❶で選択したフォルダに入っている動画ファイルのサムネイルが表示されます。

❷のビデオファイルか❸のサムネイル、どちらからから、動画ファイルをダブルクリックしてください。ここでは「フリースロー1.MP4」という動画をダブルクリックします。

すると下のように、❸のサムネイル表示されていた部分が「フリースロー1.MP4」動画のスタンバイ状態に切り替わり、赤枠の部分に再生のコントローラーや情報が表示されます。

再生

 

では、③のコントローラ部分の真ん中にある再生ボタンを押して、再生してみましょう。

再生すると、①の現在の時間のカウントが始まります。 再生できることを確認したら、④のスピードカーソルで再生速度を調整してみましょう。
再生速度は左のマイナス方向へカーソルを移動させるとスロー再生に、右のプラス方向へ移動させるとスピード再生になります。

問題なく再生できましたでしょうか? 次回は、2つの動画を同時に再生して『映像の比較』をしてみます。楽しみにお待ちください。

 

※Kinoveaの記事

vol.1 : インストール

vol.2 : 動画読み込みから再生まで

vol.3 : 映像の比較

vol.4 : 描画ツールを利用した映像への視覚的情報の付加

vol.5 :トラッキング機能を利用した軌跡の視覚化

vol.6 : 角度の算出

vol.7 : キャリブレーションと計測

vol.8 : 保存

Top