ナレッジルーム

LongoMatchを使ったゲーム分析 Vol.1 ダウンロードからインストール

 

LongoMatchを利用したゲーム分析

以前、動作分析ソフトについての記事(Kinoveaを使った動作分析)をアップいたしましたが、ご覧いただけましたでしょうか?今回も分析のためのソフトをご紹介するのですが、同じ分析でも、今回はゲーム分析に特化したソフトになります。選手の身体の角度やボールの軌跡を数値化する作業がメインとなる動作分析に対し、ゲーム分析では、例えばバスケットボールならば、試合中のシュートなどのイベントが、”いつ”、”誰によって”行われたかをタグ付けしていく作業がメインとなってきます。今回は、そういった分析をスムーズに行うためのツールのひとつ、”LongoMatch(ロンゴマッチ)”というソフトをご紹介します。

「ゲーム分析ソフト」というと、高価で使い方も複雑なのではないかというイメージが先行し、敬遠されている方も多いのではないでしょうか。確かにそういった高価なものもありますが、このソフトはインターネットから無料でダウンロードできるので、とにかく簡単に始めることができます。是非この機会に、ゲーム分析の入門編としてLongoMatchに触れ、そしてそのポテンシャルの高さを感じてみてください。

記事は数回に分けて、下記のような内容で順次アップしていく予定です。

Vol.1 : インストール
Vol.2 : 基本設定
Vol.3 : 分析用パネルの作成
Vol.4 : チームの設定
Vol.5 : ゲームを見ながらタグ付け
Vol.6 : イベントごとの再生
Vol.7 : カスタマイズしたプレイリストの作成
Vol.8 : スタッツの表示

以前にも、LongoMatchについての記事(ゲーム分析ソフト導入記)を投稿しております。是非併せてご覧いただけたらと思います。

では早速「LongoMatch」のダウンロードからインストールまでをご説明いたします。

longomatchのダウンロードとインストール

下記のサイトからダウンロードします。

http://www.longomatch.com/en/open-source/

site

画像1

画像1の赤い枠部分にある”Download”ボタンをクリックすると、画面がスクロールして、下記のようなページにとびます。

pack

画像2

画像2の赤い枠①と②から、それぞれインストールするパソコンを選択(使用PCがwindowsならwindowsのアイコン)してクリック、ダウンロードしてください。

ダウンロードが終わったら、①からダウンロードされたものをインストール、それが完了したら、②でダウンロードされたものをインストールして完了です。

2つともインストールができたら、立ち上げてみてください。

start

このような画面が表示されたら、問題なくインストールされているということになると思います。

次回は、LongoMatchの初期設定について説明いたします。

 

LongoMatchの記事

Vol.1 : インストール
Vol.2 : 基本設定
Vol.3 : 分析用パネルの作成
Vol.4 : チームの設定
Vol.5 : ゲームを見ながらタグ付け
Vol.6 : イベントごとの再生
Vol.7 : カスタマイズしたプレイリストの作成
Vol.8 : スタッツの表示

2画面表示 DiTs iPad JEATEC Kinovea LongoMatch NAS SDカード アプリ ウエイトリフティング キノビア キャリブレーション クラウドストレージ ゲーム分析 スタッツ ストレージ スピードスケート スマートデバイス セミナー タグ付け トラッキング トレーニング ビデオカメラ フィードバック モバイルWi-Fiストレージ ロンゴマッチ ワークショップ 保存 保管 分析 分析ソフト 動作分析 動画分析 即時フィードバック 描画 撮影 映像 映像共有 最新機種 残像合成 自動再生 角度 軌跡 軌跡座標 遅延再生

ナレッジルーム

LongoMatchを使ったゲーム分析 Vol.1 ダウンロードからインストール

 

LongoMatchを利用したゲーム分析

以前、動作分析ソフトについての記事(Kinoveaを使った動作分析)をアップいたしましたが、ご覧いただけましたでしょうか?今回も分析のためのソフトをご紹介するのですが、同じ分析でも、今回はゲーム分析に特化したソフトになります。選手の身体の角度やボールの軌跡を数値化する作業がメインとなる動作分析に対し、ゲーム分析では、例えばバスケットボールならば、試合中のシュートなどのイベントが、”いつ”、”誰によって”行われたかをタグ付けしていく作業がメインとなってきます。今回は、そういった分析をスムーズに行うためのツールのひとつ、”LongoMatch(ロンゴマッチ)”というソフトをご紹介します。

「ゲーム分析ソフト」というと、高価で使い方も複雑なのではないかというイメージが先行し、敬遠されている方も多いのではないでしょうか。確かにそういった高価なものもありますが、このソフトはインターネットから無料でダウンロードできるので、とにかく簡単に始めることができます。是非この機会に、ゲーム分析の入門編としてLongoMatchに触れ、そしてそのポテンシャルの高さを感じてみてください。

記事は数回に分けて、下記のような内容で順次アップしていく予定です。

Vol.1 : インストール
Vol.2 : 基本設定
Vol.3 : 分析用パネルの作成
Vol.4 : チームの設定
Vol.5 : ゲームを見ながらタグ付け
Vol.6 : イベントごとの再生
Vol.7 : カスタマイズしたプレイリストの作成
Vol.8 : スタッツの表示

以前にも、LongoMatchについての記事(ゲーム分析ソフト導入記)を投稿しております。是非併せてご覧いただけたらと思います。

では早速「LongoMatch」のダウンロードからインストールまでをご説明いたします。

longomatchのダウンロードとインストール

下記のサイトからダウンロードします。

http://www.longomatch.com/en/open-source/

site

画像1

画像1の赤い枠部分にある”Download”ボタンをクリックすると、画面がスクロールして、下記のようなページにとびます。

pack

画像2

画像2の赤い枠①と②から、それぞれインストールするパソコンを選択(使用PCがwindowsならwindowsのアイコン)してクリック、ダウンロードしてください。

ダウンロードが終わったら、①からダウンロードされたものをインストール、それが完了したら、②でダウンロードされたものをインストールして完了です。

2つともインストールができたら、立ち上げてみてください。

start

このような画面が表示されたら、問題なくインストールされているということになると思います。

次回は、LongoMatchの初期設定について説明いたします。

 

LongoMatchの記事

Vol.1 : インストール
Vol.2 : 基本設定
Vol.3 : 分析用パネルの作成
Vol.4 : チームの設定
Vol.5 : ゲームを見ながらタグ付け
Vol.6 : イベントごとの再生
Vol.7 : カスタマイズしたプレイリストの作成
Vol.8 : スタッツの表示

Top