ナレッジルーム

LongoMatchを使ったゲーム分析 Vol.4 チームの設定

 

チームの設定をします。
チームの設定を詳細に行う場合、あらかじめ選手の写真やチームのロゴの画像を任意のフォルダに用意しておいてください。
今回ここでは『yellow』というチームと『blue』というチームの対戦ということで設定を行っていきます。

team1

画像1

では、画像1の赤枠部分”チーム”というボタンをクリックしてください。

team2

画像2

それでは画像2に添って設定をしてきます。まず①の”チームの管理”ボタンをクリックします。すると、四角い赤枠のようなポップアップウィンドウが表示されますので、画像2にある通り、名前をチーム名に(ここでは”yellow”とします)選手の項目はバスケットボールの出場選手数5名+補欠1名を合わせた数字、”6″と入力して、②のOKボタンをクリックしてください。画像3のような表示がでてきます。

team4

画像3

画像3の①の部分に、選手のフォーメーションを入力します。バスケットボールの試合は1チーム5名で行われるので、合計して5になる数字の展開でフォーメーションを入力し、②のチェックボタンをクリックしてください。画像3では”2-2-1″と入力しています。するとフィールド内にゴール側から2人、2人、1人という配置が設定され、1人は補欠としてフィールド外の破線の中に配置されます。

次に④のように選手を一人選択します。すると白い矢印の先にある赤い破線枠内に、選択した選手の詳細情報が入力できるようになります。⑤をクリックすれば、あらかじめ用意しておいた選手の写真を選択、設置することができます。
背番号もここで指定できるので、選手と番号が合致するように設定しましょう。その他の詳細設定はここでは省きます。⑥の”カラー”で色変更ができますので、チームカラーを任意のものに変更してみましょう。
そこまで設定したら、画像2の③、”チームの保存”ボタンをクリックして保存します。続いて、画像2の①ボタンを再度クリックし、対戦チームの設定もしましょう。ここでは対戦チームを”blue”という名前に設定します。

team5

画像4

ここでは選手の写真をイラストにしていますが、画像4のような状態になっていると思います。ここまで設定できましたら、画像4の赤枠にある矢印のボタンをクリックして、チーム設定は終了です。

 

LongoMatchの記事

Vol.1 : インストール
Vol.2 : 基本設定
Vol.3 : 分析用パネルの作成
Vol.4 : チームの設定
Vol.5 : ゲームを見ながらタグ付け
Vol.6 : イベントごとの再生
Vol.7 : カスタマイズしたプレイリストの作成
Vol.8 : スタッツの表示

2画面表示 DiTs iPad JEATEC Kinovea LongoMatch NAS SDカード アプリ ウエイトリフティング キノビア キャリブレーション クラウドストレージ ゲーム分析 スタッツ ストレージ スピードスケート スマートデバイス セミナー タグ付け トラッキング トレーニング ビデオカメラ フィードバック モバイルWi-Fiストレージ ロンゴマッチ ワークショップ 保存 保管 分析 分析ソフト 動作分析 動画分析 即時フィードバック 描画 撮影 映像 映像共有 最新機種 残像合成 自動再生 角度 軌跡 軌跡座標 遅延再生

ナレッジルーム

LongoMatchを使ったゲーム分析 Vol.4 チームの設定

 

チームの設定をします。
チームの設定を詳細に行う場合、あらかじめ選手の写真やチームのロゴの画像を任意のフォルダに用意しておいてください。
今回ここでは『yellow』というチームと『blue』というチームの対戦ということで設定を行っていきます。

team1

画像1

では、画像1の赤枠部分”チーム”というボタンをクリックしてください。

team2

画像2

それでは画像2に添って設定をしてきます。まず①の”チームの管理”ボタンをクリックします。すると、四角い赤枠のようなポップアップウィンドウが表示されますので、画像2にある通り、名前をチーム名に(ここでは”yellow”とします)選手の項目はバスケットボールの出場選手数5名+補欠1名を合わせた数字、”6″と入力して、②のOKボタンをクリックしてください。画像3のような表示がでてきます。

team4

画像3

画像3の①の部分に、選手のフォーメーションを入力します。バスケットボールの試合は1チーム5名で行われるので、合計して5になる数字の展開でフォーメーションを入力し、②のチェックボタンをクリックしてください。画像3では”2-2-1″と入力しています。するとフィールド内にゴール側から2人、2人、1人という配置が設定され、1人は補欠としてフィールド外の破線の中に配置されます。

次に④のように選手を一人選択します。すると白い矢印の先にある赤い破線枠内に、選択した選手の詳細情報が入力できるようになります。⑤をクリックすれば、あらかじめ用意しておいた選手の写真を選択、設置することができます。
背番号もここで指定できるので、選手と番号が合致するように設定しましょう。その他の詳細設定はここでは省きます。⑥の”カラー”で色変更ができますので、チームカラーを任意のものに変更してみましょう。
そこまで設定したら、画像2の③、”チームの保存”ボタンをクリックして保存します。続いて、画像2の①ボタンを再度クリックし、対戦チームの設定もしましょう。ここでは対戦チームを”blue”という名前に設定します。

team5

画像4

ここでは選手の写真をイラストにしていますが、画像4のような状態になっていると思います。ここまで設定できましたら、画像4の赤枠にある矢印のボタンをクリックして、チーム設定は終了です。

 

LongoMatchの記事

Vol.1 : インストール
Vol.2 : 基本設定
Vol.3 : 分析用パネルの作成
Vol.4 : チームの設定
Vol.5 : ゲームを見ながらタグ付け
Vol.6 : イベントごとの再生
Vol.7 : カスタマイズしたプレイリストの作成
Vol.8 : スタッツの表示

Top