ナレッジルーム

LongoMatchを使ったゲーム分析 Vol.6 イベントごとの再生

 

前回の記事で、映像にタグを付けました。今回は、イベントごとの再生方法について説明します。
まず、タグを付けたシーンを1つずつ再生させる方法です。

画像1

画面左上のタグ付けされたイベント情報一覧から、自分の閲覧したいものをダブルクリックします。ダブルクリックすると自動で再生されます。閲覧中のものには目のマークが表示されます。

画像2

タグ付けしたイベントの時間を修正したい場合は②「Timeline View」から、調整することが可能です。タグを付けるタイミングが少しずれていたとしても、問題はありません。それぞれのタグの開始点、終了点がバーで表示されています。修正したいタグのバーをドラックし、左右に動かしてタグの開始点、終了点を調整します。③のスライダーを動かすことで、表示させる時間の幅を変更することができます。次に、イベントごとにまとめて再生させる方法です。

画像3

今回はシュートシーンをまとめて再生させます。shootのバーの上で右クリックし、「プレイリストへ追加」→「新しい再生リストを作る」をクリックします。プレイリスト名を入力し、追加をクリックします。ここでは[シュートシーン]と入力します。

画像4

プレイリスト名の追加ができたら、②「プレイリスト」をクリックします。先ほど「シュートシーン」と名前を付けたファイルが作成されたことがわかります。ダブルクリックを行うと、自動で全て再生されます。このように簡単にシーン集を作成することが可能です。次に、作成したプレイリストを、タブレット等でも閲覧できるようにmp4で書き出してみましょう。

画像5

プレイリストの中の書き出ししたいファイル上で右クリックし、「変換する」をクリックすると、ビデオプロパティが表示されます。「ファイル名」の右端にある+ボタンをクリックし、作成するビデオの保存場所を選択します。「OK」をクリックすると、mp4への変換が開始されます。変換状況は、画面右下に表示されます(レンダリング状況)。レンダリング終了後、設定した保存場所にビデオが作成されていることを確認してください。いかがでしたでしょうか。タグ付けを行うことで、簡単にシーン集を作成することもできます。

次回は、カスタマイズしたプレイリストの作成方法について紹介します。

 

LongoMatchの記事

Vol.1 : インストール
Vol.2 : 基本設定
Vol.3 : 分析用パネルの作成
Vol.4 : チームの設定
Vol.5 : ゲームを見ながらタグ付け
Vol.6 : イベントごとの再生
Vol.7 : カスタマイズしたプレイリストの作成
Vol.8 : スタッツの表示

2画面表示 DiTs iPad JEATEC Kinovea LongoMatch NAS SDカード アプリ ウエイトリフティング キノビア キャリブレーション クラウドストレージ ゲーム分析 スタッツ ストレージ スピードスケート スマートデバイス セミナー タグ付け トラッキング トレーニング ビデオカメラ フィードバック モバイルWi-Fiストレージ ロンゴマッチ ワークショップ 保存 保管 分析 分析ソフト 動作分析 動画分析 即時フィードバック 描画 撮影 映像 映像共有 最新機種 残像合成 自動再生 角度 軌跡 軌跡座標 遅延再生

ナレッジルーム

LongoMatchを使ったゲーム分析 Vol.6 イベントごとの再生

 

前回の記事で、映像にタグを付けました。今回は、イベントごとの再生方法について説明します。
まず、タグを付けたシーンを1つずつ再生させる方法です。

画像1

画面左上のタグ付けされたイベント情報一覧から、自分の閲覧したいものをダブルクリックします。ダブルクリックすると自動で再生されます。閲覧中のものには目のマークが表示されます。

画像2

タグ付けしたイベントの時間を修正したい場合は②「Timeline View」から、調整することが可能です。タグを付けるタイミングが少しずれていたとしても、問題はありません。それぞれのタグの開始点、終了点がバーで表示されています。修正したいタグのバーをドラックし、左右に動かしてタグの開始点、終了点を調整します。③のスライダーを動かすことで、表示させる時間の幅を変更することができます。次に、イベントごとにまとめて再生させる方法です。

画像3

今回はシュートシーンをまとめて再生させます。shootのバーの上で右クリックし、「プレイリストへ追加」→「新しい再生リストを作る」をクリックします。プレイリスト名を入力し、追加をクリックします。ここでは[シュートシーン]と入力します。

画像4

プレイリスト名の追加ができたら、②「プレイリスト」をクリックします。先ほど「シュートシーン」と名前を付けたファイルが作成されたことがわかります。ダブルクリックを行うと、自動で全て再生されます。このように簡単にシーン集を作成することが可能です。次に、作成したプレイリストを、タブレット等でも閲覧できるようにmp4で書き出してみましょう。

画像5

プレイリストの中の書き出ししたいファイル上で右クリックし、「変換する」をクリックすると、ビデオプロパティが表示されます。「ファイル名」の右端にある+ボタンをクリックし、作成するビデオの保存場所を選択します。「OK」をクリックすると、mp4への変換が開始されます。変換状況は、画面右下に表示されます(レンダリング状況)。レンダリング終了後、設定した保存場所にビデオが作成されていることを確認してください。いかがでしたでしょうか。タグ付けを行うことで、簡単にシーン集を作成することもできます。

次回は、カスタマイズしたプレイリストの作成方法について紹介します。

 

LongoMatchの記事

Vol.1 : インストール
Vol.2 : 基本設定
Vol.3 : 分析用パネルの作成
Vol.4 : チームの設定
Vol.5 : ゲームを見ながらタグ付け
Vol.6 : イベントごとの再生
Vol.7 : カスタマイズしたプレイリストの作成
Vol.8 : スタッツの表示

Top